y.ishizawa@KONMAI-573の徒然日記

プレイヤー

プロフィール

y.ishizawaです。
Synclではブログ始めたばかりで、三日坊主になりそうですが…。。。
とにかくよろしく。

主にゲーム(主に音楽ゲーム)やアニメに興味が深いです。
また、パソコンやインターネットにも興味がかなりあります。
あとは鉄道旅行とか…。。。

参加SNSリンク:
・mixi:http://mixi.jp/show_friend.pl?id=17604162
(携帯から:http://m.mixi.jp/show_friend.pl?id=17604162
・Facebook:http://www.facebook.com/y.ishizawa
・Friendster:http://www.friendster.com/ishihide78
・orkut:http://www.orkut.com/Main#Profile?rl=mp&uid=8803557188969373730

参加ミニブログリンク:
・Twitter:http://twitter.com/ishihide78
・Plurk:http://www.plurk.com/ishihide78
・新浪微博:http://weibo.com/ishihide78

サブブログ:
・アメブロ:http://ameblo.jp/ishihide78/
・Amebaなう:http://now.ameba.jp/ishihide78/

Firefox ブラウザ無料ダウンロード
只今の時刻:





ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」

詳細 >>

synclメッセージ

コミュニティ一覧

参加しているコミュニティがありません。 コミュニティを探す

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS
85件中   36 - 40 件表示 ( 全 17ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

経営者交代による方針変更によるサービスの変更

前回のブログで創設者が全開放の理想で立てた、とある田舎の全開放精神病院で、設立者交代による社会復帰医療から救急収容医療による1病棟の閉鎖病棟化。
これも病院経営者交代により理事長が変わった事だが、そこで思い出すのが代表者交代による方針転換である。

身近な所では母教会の基督教団館林教会。僕が幼い頃の牧師は厳格で、躾で体罰を2回受けたり(2回目で母が泣いて帰った)、それ以外にワンマン牧師で母の知り合い2世帯が教会を離れた。その後、中学生で高校受験を控える頃に教会に奉仕したノンクリスチャンの父が病床洗礼の後に亡くなった時の葬儀で当時の厳格さも丸くなった。後を追って食道ガンの闘病にピリオドを打つように亡くなった。その後の無牧の後に就任した庶民派牧師。その時、未亡人となった母との母子家庭で鬱病が悪化して、僕自身も耐えきれず救いを求め、再び足を運んだ時は快く迎え入れて頂いた。その後に母が鬱病治療の甲斐なく亡くなった後に、祖父の元で生活していたが、祖父が胃ガンになり、牧師は造血障害で通院、胃ガンの祖父は術後処置の悪さで亡くなった後、親戚の勝手な都合で住み慣れた館林を離れて、右も左もわからない太田へ。その後牧師の体力的な問題で学者牧師が就任し、それから教会関係が悪化した。ウェストミンスターの原理的な考えによりまた、僕自身も入院中で
精神的余裕も無かった事も災いして、交わる事が困難と言われ教会関係が悪化してを修復を試みようと思ったが挫折して決別しようとした矢先に神学の大学(聖学院)に転職するという事で牧師交代となった。

これは身近な事だが、特大企業の一利用者としての立場として記す。


JR東日本ではかつては総連系の住田氏・松田氏だったが連合系の大塚氏になり、清野氏(母体不明だがおそらく鉄施労)に交代したが、住田氏時代は国鉄を引きずり、松田氏は故障だらけの走ルンですという使い捨て電車を量産(それがその後の国鉄の遺産を淘汰する時期に同時期に寿命)、大塚氏体制では走ルンですの反省で標準型を、また、革マル派に牛耳られているのを警戒した経緯もある。その中で綱紀粛正と顧客サービス改善という鉄道家の意地もあったが、勇退して清野氏に譲ったら顧客サービス削減とエキナカ・駅ビルなどの社有地の資産利用に力を入れて儲けようとした。また、通信事業者と提携して、通信インフラの利用料など。現場職員も総合職に回されて、現場職員は派遣社員。他社では、総合職で一旦雇って子会社出向が多いが…。。。それで使い捨て社員。流石に車両は使い捨てにしないが社員を使い捨てにするという…。。。(遅延ばかりで警告書ばかり)

一方JR東海では須田氏が地域路線活性化政策だったが、葛西氏に交代したら新幹線(東阪間速達交通)重視で地域路線と新幹線の地方駅がそれぞれ冷遇されたが、東日本と違って鉄道そのものにやる気が無い訳ではない。

一方JR西日本では、井手氏の長期政権で安全軽視で関西私鉄との競争であったが、信楽事故辺りで山崎氏に交代、尼崎事故で失職するが、過当競争主義を改善していった功績は大きい。


そのように、経営者のさじ加減と考え方による物だが、初心を忘れてはいけないと思うが、顧客主義より営利主義なのが…。。。これは行政にも言える。森まではまともだったのを独裁者小泉がぶっ壊し、安倍福田麻生が尻拭い、それも虚しく政権交代。鳩菅はまともだったが無能野田のせいで滅茶苦茶…。。。

大阪も関長期政権で腐敗したのを平松が改善したものの、評価されずに橋正日政権に…。。。


結局医療機関の場合はモンスターペアレントによる医療ミス問題。教会は役員の都合、大企業は株主などの意向、政治は有権者の無能…。。。
どうしてこうなるのか?

2012-04-12 07:41:00投稿者 : y.ishizawa@KONMAI-573
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと

開かれた病棟、何処へ向かうのか?

東大医学部から松沢病院の勤務医を経て、群馬県太田市に全開放の精神病院を設立した、石川信義という偉大な精神科医がいる。

若き頃の石川信義先生は、松沢病院の体制に不満を抱き、また精神医療に最初の改悪をもたらしたライシャワー事件被疑者の主治医も務めていた。彼に対し、圧力で屈させるのではなく、対話により、患者を理解するという方針を取った。
その後、松沢を離れた後、彼は新たな主治医により拘束され、自害した。


圧力だけでは、患者の為にならないと、自然豊かな太田市の小高い山の麓を松沢病院勤務医時代と退職金のポケットマネーで買い取り、一人で手弁当で経営していき、また、病院職員には精神科以外の病院・医院から引き抜いて来た。
そして、新しい試みとして、地域住民の合意を得て、患者の社会復帰運動を全国に先駆けて行う。

共同住居・精神障碍者グループホーム・精神障碍者住宅などでのコロニー以外に三枚橋と治良門橋の中間に位置する市営住宅や県営住宅への受け入れ嘆願をしたりと、周囲に精神障碍者コロニーを作るだけでなく、太田市内の地権者や大家さんや不動産屋さんなどに精神障碍者を受け入れるように嘆願した。

現在僕や友人が住んでいるアパートもその成果である。

そして、数年後、地域生活支援センターが立ち上がる。その後、社会福祉法人格を持つ。



設立理念に:
Freedom(自由意志・自己決定),Responsibillity(責任・義務・義理),Activity(活動・働き・動き)がある。
その意味は、

利用される方々が、できるだけ行動制限の少ない治療環境の中で、自分に責任を持って立ち向かい、自分を取り戻し、生き生きと活動していけるように誠心誠意援助します。

このスローガンは、古いAB病棟の入口に銅板が掲げられている。

石川信義先生も、激務の中で次期代表として、秋田赤十字病院から檀原暢氏を招聘した。ここからが誤算続きで、自由な病院環境は狭められて行った。石川先生も檀原氏に経営権を交代する為に次期院長として、東大医学部よりより村上忠先生を招聘した。そして、石川先生は一線を退き、デイケアの顧問医として、社会復帰活動に集中する事となり、石川理事長・檀原院長体制から、檀原理事長・村上院長体制に交代する。

石川先生の場合は行政から何らかの介入があれば、折衝する。もし通らないのならば懐の短刀で自害する覚悟であった。
檀原氏の場合は行政からの介入に対しては、それに従わざるを得ないというご理解とご協力。


そして、昨年6月に日本初の全開放病棟に終止符を打った。


D病棟閉鎖病棟化のお知らせ(平成23年6月9日):
当院では先日から老朽化した外来・管理棟、A・B病棟の療養病棟群の更新のため、5月より病院新本館の工事に着手しました。

平成24年8月の新本館運用開始を目指しているところですが、それに向けてこれまで急性期治療病棟であったD棟を精神科救急病棟として運用できる準備を始めています。

これにあたり、平成23年7月1日以降D棟の出入口を施錠して閉鎖病棟として運用します。

主治医からの外出制限が指示されていない患者さんについてはこれまでと同じように個別に外出していただくことが可能です。

面会の際や外出先から戻られた際には入口のインターホンでお知らせいただくようになります。

外出のしかたなどわからない事があれば病棟スタッフにご質問下さい。


とのお知らせが昨年より掲示された。それで雨の中、タクシーで来たものだから、閉鎖病棟のD棟と開放病棟のC棟を経由して外来棟へ行く事になった。
普段はデイケア前に自転車を置いてデイケア裏から駐車場からの階段から上がる形だが、雨天に付きという訳。


それで目にした病棟入口の張り紙で、



開放病棟のC棟は:
「面会を希望される方へ」
当院では面会に対する制約がありますので、詳しくは看護室でお尋ねになり、
適切な手続きを経て面会されますようお願い致します。



閉鎖病棟のD棟は:
ここはD病棟です、関係者以外の入室をお断りします。


御用のある方はインターフォンを押して下さい


という張り紙。



これを見ると、今まで自由な院風だったかつての開かれた病棟が落ち目になってしまった事に失望感を抱く。

職員に対する各種手当てもどんどん削減されているのも否めない。

・今後病院はどうするべきなのか
・今後自分はどうするべきなのか

の転換点であるとも言えなくもない。

2012-04-11 17:36:00投稿者 : y.ishizawa@KONMAI-573
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと

15年前・一つの時代・拓銀破綻からの節目

今週、中央三井信託銀行と住友信託銀行が合併して三井住友信託銀行になったが、旧中央三井信託銀行には、かつて北海道拓殖銀行の受け皿になった経緯がある。

北海道拓殖銀行はバブル期のゼネコンへの乱脈融資で15年前に経営破綻。北海道内店舗は北洋銀行へ、本州店舗は中央信託銀行が受け皿になった。
その後、中央信託銀行と三井信託銀行が合併して中央三井信託銀行になり、この時点で三井信託銀行にシステム統合され、旧拓銀店舗も2店舗となった。

一方、北洋銀行は5年前に札幌銀行と合併して北洋銀行となったが、札幌銀行は拓銀破綻直前まで犬猿の仲だった。そのしがらみを破っての合併だった。

一方、中央三井信託銀行は住友信託銀行に救済合併交渉をして、今週、三井住友信託銀行になった。
建物が現存する杉戸支店と再開発で建物は移転してしまった石神井支店が残る。

いつかは、東武動物公園駅で降りて、模様替えした杉戸支店を携帯で撮って、ブログに載せたいと思う。(ちなみに小生は杉戸支店の口座を保有している)

2012-04-03 21:21:00投稿者 : y.ishizawa@KONMAI-573
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと

四月一日的釣り堀

昨日はエイプリルプールでした…。。。(釣り堀的な意味で)

で、釣り堀→泥沼→底なし沼になって、その為に鬱状態になってしまった僕が通ります_(:3」∠)_。
エイプリルプール、インターネットが普及するまでとか黎明期はジョークサイトなんか殆ど無かった。それが、5~6年前からどんどん過熱化している状態…。。。

で、Twitterでは知識人の事実と一般人のジョークネタが交錯してしまう。

で、mixiに実装されたホント?自動投稿ボタンのノリで、Twitterに輸出(但し手動投稿)したら、一部のコミュ障と思われるユーザーにR4Sされる始末。常人には考えられない。触らぬ神に祟り無し状態で、モガベーに逃げる事に…。。。

でも年度始まりは運良く日曜日だったが、年度始まりで人事異動辞令で疑心暗鬼した横須賀市職員がクビになったとかの事例もあるし、ニュースにも事実とデマが交錯する問題もある。現在は紙媒体から電子手机媒体に移行していて、電子版新聞ではリアルタイム性で編集部の悪乗りでデマニュースをという事になればという懸念もある。

でも、今年度の電気代値上げや消費税増税は嘘でしたであって欲しい…。。。

というか、信憑性が低くなるので四月一日は祝祭日にして欲しい。
あとは、試しに四月一日はインターネットも休日とさせて、一部ユーザーに対して、全サイトをプロバイダーでフィルタリングして欲しい。翌日にお詫びで当社設備の設定ミスとかで…。。。

2012-04-02 20:26:00投稿者 : y.ishizawa@KONMAI-573
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと

あれから1 年…

昨日、あれから1年…。。。
昼頃、ドン・キホーテで買い物をしている最中、屋外避難指示が出て、途中でセブンイレブンに寄ってから、自宅の家財品類が無事かと帰宅した。無事ではあったが、電気が通らずに孤独な思いをして、避難場所に何かあるか探っていた。
電気復旧直前~後、福島第一の津波被災によりという深刻な送電トラブルであったが、現場で大惨事になっているという事態をまだ知らなかった。

電気復旧後、ネットで情報収集すると、石原慎太郎が都内ローカル放送で津波は天罰、洗い直せという暴言がYouTubeかニコニコの都政チャンネルに配信された。

一方、津波による甚大な災害で、気仙沼などが水没して、シビックフォースとピースウィンズの合同チームが気仙沼を重点的に復興作業をした。
津波は天罰に対して村井宮城県知事は塗炭の苦しみと苦言。

東北新幹線・東北本線・東北自動車道も寸断され、復旧作業に追われた。

福島第一については全電源喪失がきっかけとなった大惨事。チェルノブイリまでは及ばないが最悪の大惨事になってしまった。

その情報が行き届かない官邸では菅前総理がイラ菅ぶりを、枝野官房長官と共に不眠不休だったせいもあり、不機嫌だったのかもしれない。


復興特番では、津波で不通となった三陸鉄道の1年がかりの復旧作業、全電源喪失の再現ドラマ、村が避難地域になった鉄腕DASH生中継、チェルノブイリ取材でのベラルーシ農家など原発被爆地での努力などがあった。

原発の安全神話の完全崩壊、誰がそうしたのか、フェイルセーフの不備など課題が多数。

原発廃止を求めたいが、妥協すべき所では、ウラン・プルトニウム燃料をトリウム燃料に置き換えだけはせざるを得ない。ウラン・プルトニウム燃料は米軍の核兵器材料に売却される可能性もある。

また、限界の玄海よりも、阿蘇の地熱を出力増強すればとも思う。
浜岡については、英断だったが、何故地震県にわざわざ建設したのか…。。。東海地震で倒壊したら大惨事に繋がりかねない。福島第一を上回る事故になりかねない。
安全神話の崩壊と利権家と弱肉強食、安全よりも利益という方向性をもう少し何とかして欲しい。利益を求めた結果の住民へのしわ寄せ、小泉独裁・竹中新自由主義の影を落とす事になってしまった。

2012-03-12 09:51:00投稿者 : y.ishizawa@KONMAI-573
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと
85件中   36 - 40 件表示 ( 全 17ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...