y.ishizawa@KONMAI-573の徒然日記

プレイヤー

プロフィール

y.ishizawaです。
Synclではブログ始めたばかりで、三日坊主になりそうですが…。。。
とにかくよろしく。

主にゲーム(主に音楽ゲーム)やアニメに興味が深いです。
また、パソコンやインターネットにも興味がかなりあります。
あとは鉄道旅行とか…。。。

参加SNSリンク:
・mixi:http://mixi.jp/show_friend.pl?id=17604162
(携帯から:http://m.mixi.jp/show_friend.pl?id=17604162
・Facebook:http://www.facebook.com/y.ishizawa
・Friendster:http://www.friendster.com/ishihide78
・orkut:http://www.orkut.com/Main#Profile?rl=mp&uid=8803557188969373730

参加ミニブログリンク:
・Twitter:http://twitter.com/ishihide78
・Plurk:http://www.plurk.com/ishihide78
・新浪微博:http://weibo.com/ishihide78

サブブログ:
・アメブロ:http://ameblo.jp/ishihide78/
・Amebaなう:http://now.ameba.jp/ishihide78/

Firefox ブラウザ無料ダウンロード
只今の時刻:





ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」

詳細 >>

synclメッセージ

コミュニティ一覧

参加しているコミュニティがありません。 コミュニティを探す

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS
58件中   1 - 5 件表示 ( 全 12ページ )  ページを表示
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

マクロス7After2060

マクロス7でのプロトデビルン戦役から15年、熱気バサラを父に持つ地球人とプロトデビルン(シビル)の混血の少年、ガムリンとミレーヌの間に産まれた少年、そして、ゼントラーディとメルトランディの巨人族マイクローンの少年が、バジュラのフォールドアウトに遭遇。ダイヤモンドフォースやエメラルドフォースやサウンドフォースやジャミングバードなどと共に、マクロス7船団へのバジュラ(マクロスFより)襲撃に立ち向かう前述の3人の少年が、スカルフォースを組んでいた。
スカルフォース:VF-21バルキリー(YF-21で一部機能をオミットされたVF-22バルキリーに対する、フルスペック機で、VF-22バルキリーの量産先行機)→VF-28バルキリー
ダイヤモンドフォース/エメラルドフォース:VF-23バルキリー→VF-24バルキリー→VF-26バルキリー
サウンドフォース/ジャミングバード:VF-22バルキリーベース
プロトデビルン部隊:VF-20バルキリー(VF-19バルキリーの改良型)

プロトデビルン部隊がバジュラと接触し、共鳴しあう。
ヴァールシンドローム(マクロスΔより)、プロトデビルンとバジュラの交戦とサウンドフォース、そして交戦を阻止すするスカルフォース、そして、移民先惑星近辺にはマルドゥーク(マクロスIIより)、巨人族の反乱やプロトデビルンやバジュラ寄生体やフォールド細胞やマルドゥークには、プロトカルチャーの「カイン」と呼ばれる生命体の存在があった。カイン生命体はプロトカルチャーから発生した「プロトカイン」と呼ばれる生命体の憎悪が肥大化した物であった。カイン生命体のコアに突入するサウンドフォースを後方支援するジャミングバードと、カイン外殻から後方支援するダイヤモンドフォースとエメラルドフォース、カイン生命体のコアに前方誘導するスカルフォースという配置となった。
カイン生命体はサウンドフォースの発する歌により、浄化される。
移民先惑星にマクロス7船団が着陸し、開拓を行っていく。そして数年後、成長した少年たちがリーダーとなる。


2016-06-16 16:12:18投稿者 : y.ishizawa@KONMAI-573
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと

フル・フロンタルの過去

ガンダムUCのフル・フロンタルの過去、一年戦争からユニコーンまで。
フル・フロンタルは一年戦争時代は平凡なオールドタイプで、シャアに似ている以外に何も無かった。ただ、ゲルググのエースパイロットであったぐらい。ジオン・ズム・ダイクンの遺児キャスバルの謀略をザビ家が警戒しているとあってシャアみたいなマスクではなく、鉄仮面を被っていた。
アクシズ逃亡後、鉄仮面を外し、シャアがエゥーゴへ亡命後のハマーンの空虚感から、一年戦争のシャアの記憶を植え付けるなどの強化人間にされる。
その後、グリプス戦役が膠着状態になるとエゥーゴへ亡命したジオン残党にアクシズの存在を連邦系のエゥーゴ軍人に教え、アクシズへの先行襲撃に入る。
それを警戒したフロンタルはハチカというサイコミュ試作機でエゥーゴの先行襲撃部隊を駆逐。
その後、アクシズとの全面戦争になると、ナハトガルというモビルアーマーを生産を急がせる。
フロンタルはナハトガル完成前に、グレミー反乱軍のプルクローン部隊のプル・トゥエルブを引き抜き、クイン・マンサの改良型のキング・マンサの生産に至り、ナハトガルとキング・マンサの二機でエゥーゴのモビルスーツ部隊と相討ちになる。
フロンタルはネオジオンではシャアの影武者を務める。
その後、袖付きとして…。。。

2015-11-23 23:51:00投稿者 : y.ishizawa@KONMAI-573
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと

コズミック・イラのその後

ヤキン・ドゥーエ戦役〜メサイヤ攻防戦の後の話である。

逆襲のイザークor逆襲のシン・アスカ:
プラントクーデター〜ネオザフト紛争:
プラント評議会に対してクーデターが発生し、ザラ派残党を中心としたクーデターでネオザフトを結成、クライン派と支持者はオーブへ亡命。
キラ・ヤマトとラクス・ヤマトはアスラン・ザラとカガリ・ザラが過ごすアスハ邸にいた。ムウとマリューにも再会。
ザフト旗艦エターナルを筆頭としたレジスタンス「エターナリア」をオーブ・連合と共に結成。
その後、アスランvsイザーク・キラvsシンでネオザフト鎮圧に至る。

SEED版エンドレスワルツ“のようなもの”:
「ネオ・ロアノーク」というかつてのムウと同じ名前の人物が連合勢力圏・ザフト勢力圏・オーブ勢力圏を侵攻していた。
かつてのファントムペインのモビルスーツに酷似したデザインの機体であった。
ゲリラ活動に対して、三国同盟による対ゲリラ戦。
切り込み隊長としてアカツキI.W.S.P.に乗るムウ・ラ・フラガが、その後にキラ・ヤマトとアスラン・ザラが専用機で出撃。
カガリ・ザラもストライクフリーダムルージュで出撃。
そこで意外な助っ人が。
イザークとシンとルナマリア姉妹であった。イザークはデュエルフリーダム、シンはディスティニーインパルス、ルナマリアはディスティニー改、メイリンはインパルス改で出撃し、火消しのウインドと名乗る。
その後、偽りのネオ・ロアノークの正体が判明、クルーゼやレイと同じアル・ダ・フラガのクローンで、それも完全なクローンであった。クルーゼは最も不完全で仮面をしていた、レイもまた不完全であった。完全なクローンを作り出す研究をしていた研究者・研究所と、偽りのネオの軍勢への襲撃と分かれていった。
偽りのネオへは、ムウが囮になって、キラとアスランとシンとイザークの連携。
研究所へはカガリとルナマリアとメイリンが突入。
その後鎮圧し、偽りのネオは自爆したが、キラとアスランとムウとシンとイザークは無事であった。
その後、アカツキ以外のモビルスーツを自爆又は爆破し、モビルスーツによる過ちが繰り返されないように、また、アカツキも封印された。

2015-11-21 17:01:00投稿者 : y.ishizawa@KONMAI-573
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと

ガンダムネタ色々

ガンダムネタが余裕が無くて投稿しようと思っても、しそびれるので…。。。

0080/0083/08小隊やゲームシリーズとユニコーンの狭間:
0080/0083/08小隊やゲームシリーズとユニコーンの狭間で、グリプス戦役当時のOVA/ゲーム/コミックなどのスピンオフの繋がりで、フル・フロンタルの生い立ちを独自解釈しなければならない。
時はハマーンがミネバの摂政として傀儡にされた事から、シャアがエゥーゴへ亡命する。ハマーンの空虚感から、シャアにそっくりの人間を探す。かつて、一年戦争当時、シャア(キャスバル)が、事故死した本来のシャアの名義を入手してザビ家の復讐とニュータイプの時代を唱える。それと同じように、シャアそっくりの逸材を発見した。彼はシャアになりきる事で人気を集めていた。そこにハマーンの白羽の矢が立ち、強化人間として、アクシズ当時のシャアの記憶を植え付け、フル・フロンタルにした。
ダカール演説の後に、スピンオフ系の主人公たちは元デラーズから亡命してきた軍人から、連邦内紛の隙をついてアクシズが参戦して来る可能性を示唆し、アクシズ先行部隊を結成。
アクシズ先行部隊の最初の死闘はアクシズ宙域でのフル・フロンタル駆るハチカのファンネル攻めであった。
部隊の中のNTや強化人間はクワトロ・バジーナと違う違和感で寒気を感じていた。
その後アクシズ内部での交渉だが、ネオジオン旗揚げの際に決裂となってしまった。
その時、ラビアンローズでアクシズ先行部隊の機体改修や新型機投入とエゥーゴ新型戦艦やティターンズ接収戦艦が持ち込まれる。
最終決戦では、フル・フロンタルのナハトガルとプル・トゥエルブ(後のマリーダ)のキング・マンサ(クイン・マンサの上位機としてカスタマイズ)の死闘。アナハイムの試作モビルスーツ群は死闘の末大破するものの、ナハトガルやキング・マンサも脱出ポッドを残して大破。


ガンダムSEEDから数年後、逆襲のシン・アスカor逆襲のイザーク:
ロゴスやデュランダルとの戦いの後、キラとラクスの夫妻・アスランとカガリの夫妻はマルキオ導師の孤児院で平和に暮らしていた。
しかし、故・デュランダルが率いた特務部隊FAITH残党のシン・アスカとパトリック派残党のイザークがネオザフトを旗揚げ、シン・アスカに対しては妻のルナマリアが反対していたが説得。
それに対して、キラとアスランはザフト・オーブ・連合のレジスタンスとして、エターナリアを結成。キラ・ヤマトは「シードガンダム」で、アスラン・ザラは「インフィニットガンダム」で出撃。
ネオザフトでは、シン・アスカが「ファイナルディスティニーガンダム+アームドベース」(デンドロビウムのようなもの)、イザークが「ザフトグ+ハルユニット→ネオザフトグ」(ネオジオングのようなもの)。
最終的に宇宙世紀の最終決戦のような犠牲者は出ず、互いに分かり合えた。

モビルスーツ戦国伝:
時代は正歴2340年頃、日本にあたる地の山々で戦国武将を模した機械人形が発掘される。
主題歌:和楽器バンド/杵家七実社中/和楽保存会(和楽器バンド&杵家七実社中)

2015-11-14 09:31:00投稿者 : y.ishizawa@KONMAI-573
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと

永野護氏のZZ 降板没メカを自分なりに

はじめに:
永野護氏の降板によるZZでの没メカ、それをダカール演説(劇場版Zではカット)後にハマーン参戦やニューディサイズへの別働隊(センチネル)やエゥーゴとティターンズの全面戦争になるが、永野没メカを、アクシズ先行部隊としてOVAスピンオフ(08小隊/0080/0083)やゲームスピンオフなどと繋げてみる。

エゥーゴ:
百一式(MSN-00101):コウ・ウラキがパイロットを務める。
百式neu(MSN-00100N):クリスチーナ・マッケンジーがパイロットを務める。

カラバ:
陸戦型ZZ(MSZ-009G):試作機、パイロットは不明。

アクシズ:
サズ(YAM-001):ガルスJのプロトタイプ、バオウ(YAM-101/出渕デザイン)とのコンペで量産に至らなかった。
永野版ハンマ・ハンマ(YAM-002):プロトハンマ・ハンマとして試作されたが、コンペで量産に至らなかった。
ハチカ(YAM-008):キュベレイの汎用機として試作されたが、キュベレイmk-IIを量産する方がハマーンによるキュベレイの運用実績から効果が高いとして量産されなかった。
ソ・ル(YAM-003):何らかの試験機として試作されたがメカニックからコンセプト不明と言われ、試作のみに終わった。
M9(YAM-009):近接戦闘用試作モビルスーツ。
ハンブラビII(AMX-139):ティターンズのシロッコと、ハマーンのロビー活動でアクシズ版ハンブラビとして試作。
ド・ラー(YAM-004):近接戦闘用試作モビルスーツ。

YAM-005〜YAM-007は欠番。

2015-07-11 15:56:00投稿者 : y.ishizawa@KONMAI-573
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと
58件中   1 - 5 件表示 ( 全 12ページ )  ページを表示
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...