y.ishizawa@KONMAI-573の徒然日記

プレイヤー

プロフィール

y.ishizawaです。
Synclではブログ始めたばかりで、三日坊主になりそうですが…。。。
とにかくよろしく。

主にゲーム(主に音楽ゲーム)やアニメに興味が深いです。
また、パソコンやインターネットにも興味がかなりあります。
あとは鉄道旅行とか…。。。

参加SNSリンク:
・mixi:http://mixi.jp/show_friend.pl?id=17604162
(携帯から:http://m.mixi.jp/show_friend.pl?id=17604162
・Facebook:http://www.facebook.com/y.ishizawa
・Friendster:http://www.friendster.com/ishihide78
・orkut:http://www.orkut.com/Main#Profile?rl=mp&uid=8803557188969373730

参加ミニブログリンク:
・Twitter:http://twitter.com/ishihide78
・Plurk:http://www.plurk.com/ishihide78
・新浪微博:http://weibo.com/ishihide78

サブブログ:
・アメブロ:http://ameblo.jp/ishihide78/
・Amebaなう:http://now.ameba.jp/ishihide78/

Firefox ブラウザ無料ダウンロード
只今の時刻:





ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」

詳細 >>

synclメッセージ

コミュニティ一覧

参加しているコミュニティがありません。 コミュニティを探す

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

ワープロとパソコンの融合を振り返る

1990年代、ワープロ型パソコンとパソコン型ワープロがあった。
1.ワープロ型パソコン:
かつて東芝からDynaBookEZ486Pがリリースされた。それ以前にDynaBookEZ/DynaBookEZ486があった。
当初はノートパソコンにDOSでトップシェアだったワープロソフト一太郎と表計算ソフト1-2-3をROMに内蔵。エントリーユーザーにとってアプリケーションソフトウェアを内蔵してワープロ専用機感覚で簡単操作で販売促進を図る。その後、可搬性を犠牲にワープロの筐体で印刷できるオールインワン型をリリース。
奇しくも、同社ワープロ専用機ののRupoに1-2-3を内蔵したモデルもあった。
2.パソコンベースのワープロ専用機:
富士通のOASYSやシャープの書院でPC/ATをベースにワープロ専用機のカスタムROMを搭載したハイエンドモデルをリリースする。当時はPC/ATショックでPC-98でさえ海外向けAT互換機の部品を流用してコスト削減。当時は同等スペックになると、オフコン並みに高価になる。コスト削減の試金石だったかもしれない。

現在のスマートデバイス事情に例えると、追いつけないメーカーは撤退していくが、共通プラットフォームでコスト削減効果が出ていたりする…。。。



2017-02-13 03:38:40投稿者 : y.ishizawa@KONMAI-573
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと
コメント一覧
コメントはまだありません。